オシレーター系チャートって何?どうやって使うの?

オシレーター系チャートとは、RSIやMACD、ストキャスティクスなどのテクニカルチャートを総称した呼び方です。反対に、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などはトレンド系チャートと呼ばれます。

トレンド系チャートは名前の通り、相場にトレンドが出ているかどうかを見るためのものですが、オシレーターというのは言葉に馴染みがないので分かりにくいですね。

オシレーター系チャートの役割は、相場の温度感を知ることにあります。温度感というのは熱すぎるか、冷たすぎるかといった温度です。買われすぎ、過熱気味の相場は熱すぎ、売られすぎの相場は冷たすぎる相場と解釈します。つまり、オシレーター系チャートで買われすぎや売られすぎが示唆されている場合は、そろそろトレンドが終了するのではないかという推測が成り立つのです。

逆張り派の投資家にとって、トレンドの終了は大きな意味を持ちます。そこから相場が反転して値動きの全部を取ることができれば、それこそ大相場ですから。

RSIを例にとると、使い方はとても簡単です。RSIの値は0~100の間を行ったり来たりしていますが、0に近い時は売られすぎ、100に近い時は買われすぎです。一般的に20以下なら売られすぎ、80以上なら買われすぎと判断されています。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。