なぜ株安と円高はセットになっているの?その2

円高になると株安になるという相関関係の解説、続きです。今回は円高になると輸出産業が打撃を受けるものの、その逆に輸入産業は業績が上向くので株高になるのでは?という疑問についてです。

これについては、正解です。事実、円高になった局面では輸入によって事業を行っている企業の銘柄は業績が上向いており、株価もそれに伴って上昇しています。しかし、日経平均株価の指数は大半が輸出産業の銘柄で占められているため、平均値となると下がってしまうのです。これは日経平均株価の構成に問題があるように見えますが、やはり日本は輸出型経済なのでその比率を考えると妥当な構成と言えるでしょう。

日経平均株価ともうひとつ、日本株にはTOPIXという指数があります。これは東証一部に上場している全銘柄の株価指数です。日経平均株価のように225社をピックアップしているわけではないのですが、やはり円高になるとTOPIXも下落しています。つまり全銘柄からの指数であっても輸出産業が多くを占めているということです。

円高と株安の相関関係について、さらに解説を進めていきましょう。今回は外国人株主の動向についてです。

日本株は、多くの外国人投資家によって買い支えられています。それだけ魅力的な株が多いということなのだと思いますが、外国人投資家の目線になって考えてみると円高が何をもたらすかが分かります。

例えばアメリカの投資家が日本の株を持っているとします。円高になるということは日本円で買った日本の株の価値が相対的に上昇します。円高になっているということはドル安になっているはずなので、自国の米ドルに戻した時に為替差益が生じます。そのため、円高になると日本株は外国人投資家の利益確定売りを誘発するのです。

この規模がとても大きく、円高になると外国人の売り越しが目立ちます。売りが売りを呼ぶ展開となり、日本株全体が下落するのです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。