仮想通貨ブームはFXに影響を及ぼす?その3

2回にわたってお届けしてきた仮想通貨とFXの関係について、今回はその総括です。

すでにご存じのように、コインチェックという取引所を運営している会社でNEMという仮想通貨が580億円というとんでもない規模で流出しました。原因は不正アクセスなので、サイバー攻撃にまだまだ弱いことが露呈しました。こんな危なっかしいものを資産として持っておくわけにはいかない、と思われた方も多いでしょう。

今や仮想通貨の雄であるビットコインですが、これとて少し前にMt.ゴックスという会社が経営破綻した際に巨額のビットコインが消滅したことが話題になりました。

その点、FXで売買しているのは世界各国の政府が発行している現物通貨です。実際のお金が家に届くわけではないので実感は湧きませんが、米ドルやユーロ、日本円といったお金は現実に存在しているものです。

この棲み分けは当面続くと思われます。仮想通貨ブームはまだまだ続くと思いますが、FXよりはるかにギャンブル性の高い投機性が問題視されているのは事実なので、規制が入るかブームが沈静化するなどの道をたどるのは間違いないでしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。