FXと外貨預金は何が違うの?

FXは外貨の売買によって利益を狙う投資商品です。

そして、外貨預金も同様に外国の通貨に対して投資をする金融商品です。

一見すると同じものに見えますが、その中身は完全に別物です。

まず、外貨預金は銀行しか取り扱っていません。

あくまでも預金なので、銀行に預金口座を作ってそこにお金を預け入れます。基本的に定期預金なので、一旦預けたら満期まで放置です。

利益のポイントは金利と、満期時のレートによっては為替差益が発生していることです。もちろん、その逆に為替差損もあるのでそこがリスクとなります。

もう一方のFXは、ポジションと呼ばれる証拠金取引を行うもので、預金ではありません。

預金ではないので、最初から為替差益を狙うのが前提となっています。

スワップ金利収入を狙う実質上の外貨預金に近い投資方法もありますが、そこでも為替変動の存在が前提となっています。

手数料についても完全に別物です。外貨預金は銀行が提示しているTTS、TTBと呼ばれる売買レートによって取引されますが、FXの場合はスプレッドの差が実質上の手数料となります。

FXのほうが圧倒的に手数料が安く、頻繁に売買を繰り返すことが負担にならないように設計されています。

同じように金利収入を狙って取引する場合であっても、FXは手数料が圧倒的に安いので、今や外貨預金のメリットがほとんどなくなってしまっているのが実際です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。