実需筋、投機筋ってなに? その2

前回はトヨタ自動車を例に、実需筋という「大口投資家」についてその存在感を解説しました。今回は、その実需筋がどう動くのかという傾向を解説しましょう。

実需筋の中でも輸出企業はとりわけ大きな影響力を持っています。なぜなら、日本は輸出で経済が成り立っている国であり、今も輸出産業は世界的な規模で貿易をしているからです。

こうした輸出企業にとって、収入源は外貨です。国際間の貿易なので大半は米ドルで決済されており、その米ドルを日本円に両替する必要があります。日本円にする必要があるのは、日本国内で働く従業員への給与支払いや、協力会社などへの支払いに充てるためです。

大手企業の多くは両替をする日をある程度決めているため(毎月15日前後、など)、その日の近辺になると大量の円買い注文が入ることになります。もちろんFX投資家の多くもこうした実需筋の動きを注視しているので、実需を背景とした玉が多くなる時はそれに沿ったトレードをします。

つまり、実需筋のトレンドに沿って順張りの円買い注文を入れてくるので、円高が加速しやすい傾向が発生します。

それでは次は、投機筋についても解説しましょう。

実需筋と投機筋、この相反する投資家についてこれまでは実需筋について解説しました。

これまでの解説をご覧になった方は、そもそも実需筋のために為替相場があるのでは、と思われたことでしょう。その通りです。

本来、外為市場であるインターバンク市場は国際間の貿易決済のために通貨を調達する市場であり、需要がないのに通貨を売買するFX取引のための市場ではありませんでした。

しかし、今は違います。金融システムの発達によってFX投資が一般投資家にも開放され、個人が少ない投資金でレバレッジをきかせながら多額の取引ができるようになりました。その意味では、外貨の現物を必要としないのに外貨を売買している個人投資家も投機筋ということになります。しかし、FXの世界でいう投機筋とは、これとは意味が異なります。

FXの世界でいう投機筋というのは、その外貨現物を必要としていないところは個人投資家と同じですが、その規模がまるで違います。

投機筋は豊富な資金力を武器に、相場をそのものを動かして利益を上げることを目的とした投資家です。








コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。