逆指値って何のためにあるの?(ストップロス編)

前回、逆指値について簡単な概要と順張りに使う活用法を解説しました。

今回はその続きで、逆指値の使い方として外せないストップロスについて解説したいと思います。

ストップロスとは、いわゆる損切りのことです。一定の損失になってしまったら、それ以上の損失拡大を防ぐために発動する注文のことです。これはポジションが成立した時に出しておくのが普通で、その場合は指値で注文を入れることになります。

しかし、普通の指値だと投資家に不利な注文であるストップロスは出せません。そこで登場するのが、逆指値です。

買いポジションを持っているものの、相場は思惑に反して下落しているとしましょう。一定以下のレートになったら損切りをしたいというわけで、そのレート以下になったら売る(つまり損失確定)という逆指値注文を出しておきます。これにより、一定以上の損失額にはならないという保険が掛けられます。

含み益が出ている時であっても、一定以下になったら利益を確定してしまうという逆指値も使えるので、リスク管理のための重要な注文方法であることを押さえておいてください。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。