逆指値って何のためにあるの?(順張り編)

FXの注文方法には色々なものがあります。成行や指値、IFD、OCOなどなど。これらの注文方法の中で、少々分かりにくいのが逆指値です。指値の逆っていったいどういうこと??というご質問は、よく見られます。

この逆指値というのは、基本的には指値と変わりません。ただ、使い方が普通の指値と違うことから逆指値と呼ばれています。

指値とは一定の価格になった時に条件が満たされたとして注文が発動される仕組みになっていますが、例えば買いなら一定価格以下になったら買いといったように投資家にとって有利な条件になったことで発動します。

しかし、逆指値はその反対で投資家にとって不利な条件になった時に発動されるのが特徴です。

なぜそんな注文方法があるのでしょうか?それを順張りで活用する事例をご紹介しましょう。

トレンドが出ている上昇相場があるとします。しかし、そのトレンドが本物なのかどうかまだ判断できかねている時に、「一定以上まで上がるようであれば買ってみよう」という投資戦略を立てた際に使えるのが逆指値です。通常の指値買いであれば一定以下の価格にならないと変えませんが、逆指値の場合は「一定以上の価格になる」ことをトレンドが出ている判断材料として、それを確認した上で買い注文が出せるわけです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。