FX注文 一問一答

FX一問一答に関するFX注文についての記事を更新するカテゴリです。




買ったら下がり、売ったら上がる気がしてなりません
相場というのは人間心理が実によく表れる場で、まるで意思を持った生き物であるかのように動くこともしばしばあります。その動きが好ましくないこともよくある話で、わざと損をさせるように動いているようにしか見えないという声もよく聞かれます。 そんな中で特に多いのが
損切りとロスカットの違いがよく分かりません
損切りとロスカット、いずれも損失を出しているポジションの損失を確定する作業です。 投資家としては最も避けたい事態ですが、そもそもこの2つは同じことをやっているようで、実は別物なのです。 端的に言うと、損切りは自分自身で損失を確定させてそれ以上の損失
マージンコールやロスカットは何のためにあるの?
いずれも損失拡大を防ぐためにFX取引会社が強制的に発動するものとしては共通しています。 なぜ取引会社がこんなことをするのかと言いますと、預け入れている資金の範囲を損失が上回ることを防ぐためです。顧客がFX取引で損失を出した場合、預け入れている証拠金の範囲
逆指値って何のためにあるの?(順張り編)
FXの注文方法には色々なものがあります。成行や指値、IFD、OCOなどなど。これらの注文方法の中で、少々分かりにくいのが逆指値です。指値の逆っていったいどういうこと??というご質問は、よく見られます。 この逆指値というのは、基本的には指値と変わりません。
逆指値って何のためにあるの?(ストップロス編)
前回、逆指値について簡単な概要と順張りに使う活用法を解説しました。 今回はその続きで、逆指値の使い方として外せないストップロスについて解説したいと思います。 ストップロスとは、いわゆる損切りのことです。一定の損失になってしまったら、それ以上の損失拡
ポジションという考え方がイマイチ分かりません。なぜ少額で大きな金額を取引できるのですか?
レバレッジを掛けることで、少額であっても大きな金額の取引が出来るのはFXのメリットのひとつです。FXは正式には外国為替証拠金取引と言いますが、この証拠金という言葉にミソがあります。 本当にその資金があるわけでもないのに多額の資金を動かすことができるレバレ
自動売買って何ですか?システムトレードって何ですか?
自動売買は最近の流行りでもあるので、FX投資を始めようと思っている人、始めたばかりの人にとっては頻繁に目にするものだと思います。 自動売買システムというものがあって、そこに指示を与えておくだけで自動的に売買が行われ、利益が残るという仕組みですが、それが本
仲値ってなに?FXトレードにどんな影響があるの?
FXトレードはインターバンク市場と呼ばれる外国為替の仕入れ市場のようなところで取引をしています。そこで売買をした外貨を目にすることなく、ポジションと呼ばれる単位で通貨を取り扱います。 これとは違い、実際にその通貨が必要だという人は銀行などで外貨両替をしま
実需筋、投機筋ってなに? その1
FXに関連する為替ニュースなどを見ていると時折目につくのが、実需筋、あるいは投機筋といった「筋」に関する記述です。これら「筋」が相場を動かす要因になっていることは分かっていても、イマイチどういう「筋」なのかがよく分からないという方も多いと思います。 先に
実需筋、投機筋ってなに? その2
前回はトヨタ自動車を例に、実需筋という「大口投資家」についてその存在感を解説しました。今回は、その実需筋がどう動くのかという傾向を解説しましょう。 実需筋の中でも輸出企業はとりわけ大きな影響力を持っています。なぜなら、日本は輸出で経済が成り立っている国で
| 1 | 2 | 次ページ >>